任意整理のメリット・デメリットを徹底解説

任意整理とは、裁判所に行かずに行うことができる債務整理の手続きのことです。ほかの債務整理よりも比較的簡単に行えますが、実際はどうしたらいいかわからない方は多いでしょう。任意整理を行うには条件がありますし、自分に合っているか判断しにくいかと思います。

今回は任意整理の手続きの流れや、メリット・デメリットについてご説明していきたいと思います。こちらを参考にしていただきながら自分に合った債務整理を検討してみてください。

任意整理とは?

任意整理とは裁判所を通さずに、貸金業者と直接交渉を行い、将来の利息を減らす手続きのことです。これにより、今後支払う利息を減らせますので、返済に困っている方にお勧めの債務整理です。また、減額した借金は3年~5年の間に完済できるように整理されます。

任意整理の手続きは、必要な書類も少ないので個人でも可能です。しかし貸金業者には法的に和解に応じる義務はないため、個人との直接交渉だと貸金業者がきちんと取り合ってくれないケースもあります。任意整理を検討する場合は、司法書士や弁護士にきちんと依頼することをおすすめします。

任意整理ができる条件

任意整理をする場合には、今までの借入れの記録を照らし合わせて、過払い金がないか計算し、貸金業者に将来利息を減らしてもらえるように交渉しなくてはいけません。そのため、任意整理を行うためには、毎月決まった金額を支払うための安定した収入が必要です。また原則3年~5年の間で返済できる見込みがあることが条件となります。

任意整理は法的な義務がないため、貸金業者が交渉に応じてくれない場合もあります。借金の利息が膨らんで返済するのに困っていること、将来利息が減額された後、借金を必ず完済するという意思を貸金業者に見せることも重要になってきます。

任意整理のメリット

任意整理のメリットについてご説明していきます。

将来利息がカットされ毎月の返済負担が減る

一番のメリットとしては将来利息をカットできることです。例えば、毎月3万円の利息を支払っている場合は、この3万円がカットされるので、毎月の返済負担を減らすことができます。

また、過去の借入れで利息制限法よりも高い利息を支払っていた場合、過払い金請求が可能で、取り戻した過払い金を借金の返済に充てることができます。

貸金業者からの催促が止まる

借金の支払いを延滞してしまうと、貸金業者から催促の手紙や電話が届きます。時には直接自宅に訪問されることもあります。そのため支払いの延滞による催促は、かなりストレスとなるでしょう。

任意整理の手続き司法書士や弁護士などの専門家に依頼すると、専門家から貸金業者に対して受任通知が送られます。この受任通知を貸金業者が受け取ると、その時点で、貸金業者からの連絡は司法書士や弁護士などの専門家に行くことになり、貸金業者からの催促が来なくなります。(貸金業法第21条9号)

また支払いも一時的に止まりますので、精神的にも経済的にも少し余裕が生まれるかと思います。

手続きが簡単

個人再生や自己破産などでは、収入や資産を証明する資料を準備する必要がありますし、裁判所にも出向かなくてはいけません。

任意整理の手続きでは、他の債務整理よりも必要な書類が少なく済みます。また裁判所に行かなくてもいいため、平日仕事を休めない方でも手続きを進めることが可能です。そのため、任意整理は個人でも可能と言われているのです。

家族や勤務先に知られずに借金を整理できる

個人再生や自己破産では手続きを進めていく際に、家計の収支状況や勤務先からの退職金の有無・金額などを申告してもらわなければいけません。これがきっかけで周囲の人たちにバレてしまうことも考えられます。

任意整理ではそのような手続きは必要ないので、家族や職場の人に知られるリスクはかなり低いと考えられます。

財産を残せる

自己破産では、一定の条件を満たす財産も処分されてしまいます。任意整理の場合は、マイホームや自動車など、手元に残しておきたい財産を残すことができます。

また、任意整理は裁判所を介さないということもあり、どれを整理するかを選ぶことができます。これによって、担保や保証人がいる借金は残しほかの借金を整理できますので、保証人に迷惑を掛けずに返済額を減らすことが可能です。

任意整理のデメリット

続いては任意整理のデメリットについてご説明していきます。

新しい借入れやローンを組むことがむずかしくなる

債務整理を行うと、貸金業者が信用情報機関に事故情報として情報を共有します。このことを「ブラックリストに載る」と言われています。これによって任意整理を行い支払いが完了してから5年~10年の間は新規の借入れや、車や住宅のローンを組むことがむずかしくなります。。

信用情報機関の個人情報は銀行や貸金業者などが借入れの際の判断材料として利用していますので、事故情報が登録されてしまうと、返済が困難と判断され借入れやローンを組むことがむずかしくなってしまうのです。

クレジットカードを作るのがむずかしくなる

ブラックリストに載ってしまうことが原因で、新規のクレジットカードを作るのがむずかしくなります。また、今まで使っていたカードも利用できなくなる可能性があります。

対策としては、かわりにデビットカードを作っておくと、カードでの支払いをした瞬間に口座から引き落としされるので現金を多めに持ち歩く必要がなくなりますし、クレジットカードの代わりとして利用することもできます。

任意整理の手続きの流れ

続いては任意整理の手続きの流れについてご説明していきます。ここでは、司法書士や弁護士などの専門家に依頼した場合の流れをご説明します。

1.専門家に相談し、依頼後受任通知を送付する

まず、任意整理を取り扱っている司法書士や弁護士などの専門家に相談しましょう。ほとんどの司法書士や弁護士への相談は無料のところが多いので、まずはご自身に合った事務所で相談してみましょう。電話や面接でご自身の借入れ情報を詳しく伝えてください。

相談の上、任意整理を正式に依頼することになると、司法書士または弁護士が貸金業者へ「受任通知の送付」を行います。これにより、貸金業者とのやり取りを司法書士や弁護士が請け負うので、支払いの催促が止まります。これによりかなり精神的に負担が楽になりますし、金銭的にも余裕が出てくるでしょう。

2.貸金業者から取引履歴を取り寄せる

次に司法書士や弁護士は、貸金業者への取引履歴開示請求を行います。これにより、より正確な借入れの履歴を確認できますので、これをもとに利息制限法に基づく残高を算出します。

貸金業者との取引の中には利息制限法を違反した高利率での借入れを行っていた可能性もあるため、この差額を算出することで過払い金があるかどうかを判断できます。計算後、その内容をもとに貸金業者と交渉を行い和解締結をします。

過払い金は貸金業者に余分に払った利息ですので、過払い金請求を同時に行うことで、過払い金が返還され、借金の返済に充てることができます。

3.任意整理の返済期間

任意整理の返済期間は約3年~5年の間に完済できるように整理されます。無理のない返済計画を立てられるように専門家ときちんと相談していきましょう。

任意整理後、和解した通りに返済できなかったら一括請求される可能性があるので注意が必要です。

任意整理の費用は?

司法書士や弁護士などの専門家に依頼する場合、多くのメリットがありますが費用がかかります。最近では無料相談を行っている事務所も多くありますので、まずはそのような事務所に連絡してみて、自分に合った事務所を選んでみましょう。その際に必ず見積もりも一緒に確認することが重要です。

みどり法務事務所の任意整理は以下になります。

相談料 0円

※その他の費用は、お客様の状況によって変わります。お気軽にお問い合わせください。
※税・実費は別途必要となります。

任意整理のご相談はみどり法務事務所へ

任意整理は手続きも簡単にできる債務整理のひとつです。借金の返済に悩んでいる場合は一度相談してみてはいかがでしょうか。デメリットはありますが、それを鑑みても借金が少しでも減額され負担が軽減されるなら借金は整理した方がいいでしょう。

みどり法務事務所は相談料無料で行っておりますので、ご不明点やご不安などがある場合はお気軽にご相談ください。

page top